So-net無料ブログ作成
視力回復 トレーニング ブログトップ
前の10件 | 次の10件

視力回復 トレーニング 視力回復経験者に学ぶ [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 視力回復経験者に学ぶ


回復した人の経験を学ぶことも大事です。



視力が回復する人の特徴を真似る


視力回復をしようと思い、実際に成功している人もたくさんいます。

ただ、視力回復できる人とできない人というのはいますが、
元々の視力からどれくらい回復できたか・・・というのは
参考にすると良いでしょう。


また、成功者の方法をというのを真似てみるというのも
オススメです。

自分でもできそうだと思ったものを選び、その人と同じようにすれば
結論からいえば、視力が回復するはずです。


しかし、病気などが理由の場合は視力が回復されないこともあり、
自分の元々の視力によっても、回復力は変わってきます。

また、毎日の生活習慣によっては、参考にしている人よりも
効果が早くなることも遅くなることもあるので、
あくまで「目安」にしてください。


そして重要なことなのですが、特徴を真似るだけではなく、
自分の生活習慣の改善も一緒に行っていきましょう。

姿勢が悪いとか運動不足とかを改善することは重要です。

もちろん、食生活の見直しや睡眠をきちんととるなどの
規則正しい生活を送ることで、特徴を真似していけば
それなりの効果を期待できるでしょう。



視力回復をしたいと思いませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

視力回復 トレーニング 目に取っての悪習慣 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 目に取っての悪習慣



視力を悪くする人には、概ね同じような習慣があります。
その悪習慣を知ることも大事です。


毎日の生活習慣の中には、何気なくしていることでも
視力低下するものはたくさんあります。

生活習慣病と言われる糖尿病や高血圧、動脈硬化などは、
視力低下や目の病気になりやすいと言われています。


また日頃の生活の中で、普通と思っていること。

たとえば、姿勢の悪さです。

字を書く時に集中して猫背になっていって、目が近くなっていたり、
寝転がって本などを読むというのもよくありません。

電気をつけなかったり、暗いところで何を読んでみたり、
癖で何かを見る時に近づけているのも視力を低下させます。


ほかにも仕事に熱中するのは良いですが、長時間パソコンを
見続けるというのも、よくありません。

こんな当たり前になってしまっていることが視力を悪くさせるため、
自分の日頃の習慣を知って、改善していきましょう。


そうするだけでも、視力が回復されるとともに、視力が悪くなることを
予防することもできるのです。

「癖」になっていることは無意識なのですが、変えられるものは
たくさんあるはずです。



簡単な視力回復法を知りたくありませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

視力回復 トレーニング 目に与える環境 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 目に与える環境


自分の環境を見直すのも大事です。


視力減退に繋がる環境になっていないか?


視力減退させないためには「生活習慣」というのは大切な
ポイントになります。

日々の生活で規則正しい生活を送ることは、視力減退をせず
視力回復の一歩になるのです。


一番大切なのは「睡眠」。

疲れた目というのは、睡眠によって自然治癒力で解消します。

しかし、睡眠不足ではきちんと回復ができずに、それを繰り返せば
視力回復ところか低下してしまうのです。


そして、人間の生活に大切なのは「運動」と「栄養」。

栄養はわかるけど、運動?と思う人もいるかもしれません。

しかし、運動をすることによって血行が良くなるだけではなく、
老廃物も排除してくれるので、栄養と酸素が体に行きわたります。

第二の心臓といわれるふくらはぎが衰えると、
血液の流れも悪くなってしまうのです。


最後に、最近では注目されている「姿勢」。

猫背など姿勢が悪いと、血液の流れがわるくなるどころか、
代謝やホルモンバランス、自律神経の乱れ、呼吸も浅くなり
良いところなしになってしまうのです。

肩こりや腰痛は姿勢の悪さからくることが多く、血行不良の代表。

両目できちんと見ることができないと、
乱視やバランスの悪い視力になってしまいます。


日々の生活の中には意外に視力減退につながる環境が多いため、
意識していくことが大切です。



これ以上視力低下をするのを予防したくありませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

視力回復 トレーニング 視力とストレス [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 視力とストレス


ストレスは何にでも影響を与えます。

目にとってのストレスとは?


ストレスというのは、体全体に影響がありますが、
ストレスは視力低下にも深く科刑します。

脳が疲れれば、自律神経も乱れてしまいます。

自律神経が乱れると、必然的に視力も低下します。


またよく言われる「精神的要因」ですが、視力低下にも
この精神的要因はあります。

一番影響を受けやすいのは子どもです。

子どものときは、色々なストレスがあり、
それに対応する力はまだありません。

脳が発達してこれば、ある程度ストレスに対応できますが、
それができないうちはいじめや家庭環境、
受験などのストレスで視力が低下します。

実際に勉強をしているから視力低下したというのは、
親の都合の良い解釈と言えるのかもしれません。


子どもの時に視力が低下しやすいというのは、そういう原因が
あり、それだけストレスというのは視力低下の原因になると
いうことを理解しておく必要があります。


大人でも同じようにストレスで視力は低下しますので、
ストレスと上手に付き合っていけば、視力回復もしやすくなる
ということがいえるのです。



視力が低下するのをストップさせませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

視力回復 トレーニング 呼吸を意識 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 呼吸を意識


目にとって呼吸法も大事です。


体のあらゆるところに関係してくるのが「呼吸」です。

きちんとした呼吸法をしていると、体も健康になるくらい
実は呼吸というのは大切なのです。


視力回復と呼吸?と不思議に思う人もいるかもしれませんが、
呼吸と言うのは体の筋肉の緊張をときほぐしてリラックスさせ
視力回復へと繋がるのです。


よく猫背や姿勢の悪い人は、呼吸が浅くなり、結果的に
血液循環やホルモンバランスを崩したりします。

太りやすかったり、便秘になったり、
体に良くないことばかりおこってしまいます。

しかし呼吸を正すことによって、姿勢を正しくしていくことで
血流も良くなり、体も健康になっていきます。


目と言うのも疲れるし、凝ります。

つまり体の不調と同じなのです。


ということは、腹式呼吸をしながら、長く深い呼吸をすると
体はリラックスするため、筋肉の緊張をほぐしていくので、
目もリラックスして、視力回復に繋がります。


腹式呼吸と呼吸法は自律神経や血行にも良いだけではなく
自然治癒力も高めてくれるので、
ぜひ今日からでも取り入れてください。



今の視力に満足できていないなら、下記URLをクリック。




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

タグ:呼吸を意識
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

視力回復 トレーニング 目に休養を! [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 目に休養を!



目をリラックスさせる時間を取っていますか?

トレーニングと同時に休養です。


日常の生活で、目を酷使している人は意外にいます。

パソコンを使う仕事をしていたり、テレビっ子だったり、
ゲームなども長時間続けていると酷使しています。


同じ部分をずっと見ているということは、筋肉がかたまって
結果的に目が凝って疲れてしまいます。

血行不良になれば、肩こりや首こりなどが起こりますが、
目も同じように凝るのです。


そうならないためには、まずは休憩を
きちんといれるようにしてください。

そして、違うものを見るようにしましょう。

遠くを見たり、手元を見たり、何でも良いので目をリラックス
させてあげてください。

疲れていると感じたら、目薬をしたり
冷やすというのも有効です。


人間の体は疲れたら睡眠以外にもリラックスが大切です。

お風呂や温泉にゆっくりつかったり、マッサージをしたりと、
色々な方法がありますが、目も同じことなのです。

リラックスをさせる時間の有無によって、視力は低下するか
低下しない、もしくは回復していくか・・・と変わってくるのです。



手術のいらない視力回復をしたいと思いませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

視力回復 トレーニング 裸眼での訓練 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 裸眼での訓練



裸眼で遠くを見るクセをつけることをしていますか?

ついついメガネをかけてしまいますね!


子どもの時に「遠くを見なさい」と言われた経験があると思います。
この方法というのは、視力回復には実は欠かせません。

近くを見ることに慣れてしまうと、
人間というのはそこにピントがあってしまいます。


よく海外の国でも数メートル先が見える・・・なんていう
部族がいますが、狩りをしたりするために
遠いところを見る習慣がついています。

それと同じように、遠くを見る癖をつけることが大切です。

メガネやコンタクトを使わずに、裸眼でいる時に遠くを
みるようにするだけなので、簡単です。


テレビを見た後やパソコンの後など、近くで見た後に
遠くをみるようにするだけなので、息抜きと考えれば良いのです。

買い物の時も、近くの商品ばかりを見ていくのでは
なく、遠くのものを見ればよいだけなのですが、
この時に無理をしてみることはしないようにしてください。

じーっと見えない物を見ようとすれば、それはそれで疲れます。

日常の生活で目の前を見て歩く習慣から、
遠くを見るようにするだけ。

たったこれだけでも、続けていくうちに、少しずつでも
遠くの物が見えるようになってこれば、
回復してきているということになります。



メガネがなければ…と思ったことはありませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

視力回復 トレーニング 視力回復トレーニング法 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 視力回復トレーニング法

視力回復トレーニング法は数種類あります。

その中で、
自分に合った視力回復トレーニング法を試すことが大切です。


視力回復トレーニング方法はいろいろあります。

その中から自分に合った回復トレーニングを探すのが
良いのですが、いくらあっていても「続けていかなくては」
意味がありません。


何でもそうです。

いくら効果のあるものだとしても、続けていかなくては
意味がありません。

自分に合った方法というのは「習慣にできる方法」です。

視力回復トレーニングというのは
即効性があるものではありません。

そのため、毎日の継続が必要になるわけですが、
飽きてしまって続かなければ、結果も出てきません。


まずは自分が出来そうな視力回復トレーニングを選び、
続けてみる。

毎日食後に歯磨きをしたり、出かける前に化粧をしたり、
そんな当たり前のようにできることがポイントです。

試してみて、すぐに効果が出ない云々と言う前に、
しばらく自分が続けられる方法を続けてみることで、
習慣になっていきます。

ムリなことはしないことが大切。

続けていくうちに視力回復トレーニングが毎日の基本に
なり、ない方がおかしいと思えるようになってきます。

何はともあれ、まずは試してみて、
自分にとって最適かを考えていきましょう。



メガネのいらない生活を送りたくありませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

視力回復 トレーニング 穴あきメガネで目の疲れを取る [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 穴あきメガネで目の疲れを取る


実は、この穴あきメガネ。

視力回復にはとても効果が期待できると言う優れものなのです!




穴あきメガネって聞いたことがありますか?

ピンホールメガネとか、色々な名前があって値段もそれぞれ
違いますが、効果はどれも似たようなものです。


不思議と思うかもしれませんが、穴の部分から光が入り、
水晶体を通過します。

そのため、屈折することなく色々な影響を受けることなく網膜に
ピンポイントで焦点を結ぶことができるわけです。

網膜の手前だったり、通り過ぎた部分で焦点を結んでしまうと
近視や遠視になってしまうのを防ぐのです。


ただし、全ての人に効果的といえるわけではなく、強度の近視の場合は、
穴あきメガネを使ったとしても、1.0まで・・・とはいかず、
0.01なら0.1程度になります。

それでもすごいことです。


とはいえ、穴あきメガネは目の疲れをとったり予防できる効果も
あるので、リラックスタイムに活用することをオススメします。

仕事中やパソコンなどをしている時だと、逆にストレスを感じる
こともあるので、そんな時は使用はオススメできませんので、
疲れをとる・・・と言う感覚で使うようにしてください。



年齢問わず視力を回復させたいと思いませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

視力回復 トレーニング 近視の度合いを調べる [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 近視の度合いを調べる


まずは、自分の近視の度合いを調べることです。

自分で知っていますか?

近視の度合いは軽度・中等度・強度・最強度とあります。

視力検査などでよく「0.5」や「1.0」と言いますが、
実際は屈折度数というので近視の度合いがわかります。


計算方法は1÷焦点距離(m)と言う方法で、よく眼科などで
見にくくなった距離をはかりますが、これがそうで

軽度近視   -3D未満 
中等度近視  -3D以上-6D未満 
強度近視   -6D以上-10D未満 
最強度近視  -10D以上

遠視の場合は逆に+であらわしていきます。


もし、50cmで見にくくなれば、

1÷0.5=2なので「「軽度近視」となります。


ただ注意してほしいのはこれからです。

実は近視には2種類あり、屈折性近視と軸性近視があり、
眼球に問題があるのは軸性近視で強度の近視の人たちは
こちらに当たります。


そのため、視力回復をするためには近視の度合いを調べることと、
その回復がどちらの近視に効果があるか・・・を
知らないと、無意味になってしまうことさえあるのです。



視力を回復させる方法を知りたくありませんか?.




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | 次の10件 視力回復 トレーニング ブログトップ
広告スペース
Copyright © 視力回復 トレーニング All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。