So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

視力回復 トレーニング 目にいいサプリメント [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 目にいいサプリメント


サプリメントの効果ってこともあります。
どんなサプリメントがいいのでしょう!


目にいいサプリメントは効果があるかどうかといえば、
ズバリ!効果はあります。

目に良い栄養を摂取する食生活をしていくということは、
視力回復にも効果が期待できます。


しかし、注意してほしいのは「目にいい」と言われるものは
たくさんの種類があり、たくさんの効果の違いがあります。

血液サラサラから疲れ目、ドライアイの改善、老化防止など
自分に合った成分を選ぶことがポイントです。


そして、食生活から不足してしまいがちな
栄養をサポートするサプリメントです。

「補う」ためのものなので、頼りすぎないということも大切です。

一種類だけではなく、自分に不足するものを
バランスよく摂取することを忘れないでください。


改善する効果が違うからこそ、自分に合った物を選ばなければ、
どれだけ効果があったとしても、無意味になってしまうのです。

また、過剰摂取をするのではなく、
あくまで「バランス」を保たなくては効果的に・・・とはいえません。

まずは自分の「目」をしるところからはじめましょう。



自分の目に対する知識、きちんと知っていますか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

視力回復 トレーニング 視力回復とまばたき [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 視力回復とまばたき


まばたきの効用って知ってますか?



視力の良い人と悪い人の違いに「まばたき」があります。

ドライアイにならないように、目が乾いてこればまばたきを
するのですが、目の悪い人はそれができません。

また、何かに集中しているとまばたきをしないため、
視力低下にも繋がってしまうのです。

涙と言うのは重要な役割があり、酸素を届ける力があるのですが、
まばたきをしないと目は疲れて、乾いてしまうのです。


しかも、何気ないこの行動ですが、
外眼筋の硬直を防いでくれているのです。

たかがまばたきですが、とても大切な体の動きのひとつなのです。

また、これから改善するのは、とても簡単なことです。


何かをしている時に、まばたきをすれば良いだけ・・・ですから。

基本的に3秒に1回くらいが理想です。

何かをしている時にでも、意識的にまばたきをしていくことが
できれば、簡単に習慣になっていきます。


よく可愛く見せようと思って、アヒル口をしていたら癖になった・・・
というくらいの簡単なものかもしれません。

暇な時やリラックスタイムなど、いつでもできるので、
まばたきをして視力回復を心がけていきましょう。



視力低下の原因を知り、改善していきませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

視力回復 トレーニング 目薬でリラックス [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 目薬リラックス


目薬の効用も理解し、積極的に活用です。


最近ではたくさんの種類の目薬があります。

内容を見ていても、年齢的な物から、子ども用、ものもらい用、
目のコリやピントフリーズ現象を解消させるものなどあるので、
自分の疲れ目症状に合わせた物を購入することをオススメします。


目薬をすると、アイストレッチ効果で目のをほぐしてくれるため、
ピントフリーズ現象を緩和するのは、長時間パソコンをする人にも
オススメなのですが、意識的に使って行かなくては意味がありません。

長時間同じではなく、1時間に1回程度や自分で適度にすれば、
目薬で目をリラックスさせることができます。


最近では、市販されていませんが
「視力回復させる」タイプもあります。

これは、眼科で処方してもらう方法しかありませんが、
目のピント調整を行う神経を麻痺させることで、
強制的にリラックスさせることができるのです。

つまり、その強制的にリラックスさせる方法が、視力回復に
なるわけですが、就寝前の使用が基本です。

気になる人は、眼科で相談してみてはどうでしょう。



自力で視力、治してみたくありませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

視力回復 トレーニング 近視の理由 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 近視の理由


日本人と言えばめがねをかけている人種、
近視になる本当の理由、知ってますか?


日本人というのは、世界でも近視が多いと言われていますが、
実際近視の理由って何かしっていますか?

実は、残念ながら現代医学では「これ」というものは
わかっていないのです。


よく言われるのが「遺伝」ですが、近視同士の子どもだとしても、
親が日々の生活を気遣うことで
視力低下を防げることもあります。

ということは、やはり大切なのは環境なのでしょうか?


とはいえ、近視は90%近くで遺伝するとも言われています。

また子どもの頃に視力低下しやすく、20歳までに視力低下
しやすいとも言われており、遺伝のために成長によって
焦点がずれてくる・・・と言うことも言われています。

また、子どもの時期の姿勢の悪さや生活環境、ストレスなど
子どもが視力低下する理由というのは色々あります。


遺伝であれば、おのずと近視になってしまうため、
視力回復はできないかもしれません。

しかし、それ以外であれば、視力回復は可能ということであれば、
日々の生活の「環境」というのは
重要視していかなければいけないことです。

近視の理由が何であれ、規則正しい生活をするといことは
目にも体にも必要であることを忘れないでください。



生活を見直すことで、視力を少しずつ治していきましょう。




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

タグ:近視の理由

視力回復 トレーニング 眼精疲労 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 眼精疲労


体質で眼精疲労が起きやすい人がいます。
そんな眼精疲労になりやすい人はどうする?


目を酷使すると起きてしまうのが眼精疲労ですが、
実は眼精疲労は目を酷使していなくても起きやすい場合があります。

この場合は、ドライアイや緑内障、
メガネなどが合っていないということが考えられます。

また、更年期や自律神経、中には虫歯や歯周病というのも
眼精疲労が起きやすいため、何か体に変化が起きていると
考えてみることも大切です。

そしてもうひとつ、ストレス生活習慣病などが原因で
眼精疲労が起きやすくなっていることがあります。

そのため、眼精疲労が起きやすい人は自分の原因を調べる
眼精疲労を改善していくことができます。


もちろん、仕事柄パソコンを長時間使うなどが理由で、
眼精疲労が起きやすい場合もあります。

この場合は、どうしても眼精疲労を回避できないかというと
そうではありません。

適度な休みをとれないとしても、遠くを見たり、指先をみたり、
同じピントでずっと見続けないようんしてください。

そしてなるべく規則正しい生活を送ることと、運動や食事に
気を遣うように心がけてください。

睡眠不足になれば、疲れ目まま仕事をするので、疲れて
作業効率が悪くマイナスになるため、マッサージなどを
してコリをほぐしていきましょう。



目の疲労を、きちんととってあげることが目を守るコツです。




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

タグ:眼精疲労

視力回復 トレーニング 片目だけ視力が悪くなる人 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 片目だけ視力が悪くなる人


両目は同時に目を使っているとは限りません!
片方の目にストレスって場合も多いのです。


片目だけ視力が悪いというのは、
偏った目の使い方をしています。

人間は利き手というのがありますが、目にも同じように
利き目というのがあります。

特に子供のうちは、片目だけつかうと弱視になることも
あり、早期発見・早期改善が必要になってきます。


また大人も子供もなのですが、姿勢の悪さがあります。

傾いて物をみていると、どうしても片目だけをつかうため、
片目だけの視力がわるくなっていきます。

両目の距離が違うのが原因なので、この場合はきちんと
姿勢を正して、両目の距離を同じにする必要があります。

携帯ゲームをしていると、傾いてしまう・・・というのもあるので、
机の上などで同じ距離fで見るようにするのもポイントです。


もちろん、寝転がってみるというのもダメです。

何気なく部屋の家具の配置なのでも、テレビを傾いてみるとか、
寝転がってみると言う習慣がある人もいますが、

傾いているということは、近い方の目が疲れるため
近視になってしまうのです。

片方だけ・・・と言う人は、
一度日々の生活を見直してみてください。



自宅でも視力回復は可能なのですから。




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

視力回復 トレーニング 子供の目が悪くなる原因 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 子供の目が悪くなる原因


子供のいる方は、自分のことだけでなく、
子供の視力についても、充分配慮を!


視力低下というのは大人よりも子供の方が起きやすいです。

その理由をゲームのしすぎだとか、
姿勢が悪いと思っている人もいるかもしれません。

もちろん、それも原因にはなります。


しかし、ゲームをした後は外で遊ばせたり、遠くをみたりしたり、
姿勢を矯正すれば視力低下はある程度防げると思ったら、
そうではない場合もあるのです。

これらのことは、親が生活習慣の中で気遣ってあげることで
改善していくことができるのですが、子どもというのは大人に比べ
未発達な部分が多いのです。

そのため、部屋の中を明るくしてあげたり、栄養や運動に気を遣う、
そして遺伝性もあるので、気になったら眼科に相談してください。

とはいっても、遺伝というのは近視になりやすい・・・ということで、
環境を整えてあげることの方が重要になってくることもあります。


最後に一番のポイントは「ストレス」です。

ストレス社会の今、子どもたちも日々ストレスを感じています。

脳が未発達のため、余計に影響を受けやすいこともあるのです。

勉強や学校生活などでストレスを感じていると目が悪くなりやすい
ので、視力低下の原因に親が気づくというのは大切なのです。



ストレスで視力を、低下させてしまってませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

視力回復 トレーニング 眼科検診 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング 眼科検診


歯科検診は定期的に言っている人は多いですが、
眼科検診も定期検診が大事


色々な病院に行く機会はありますが、
眼科検診って意外に行かないものです。

メガネやコンタクトで違和感があると、そのままメガネ屋などで
測定をして作り直しをしたり、新しいのを購入するときに
検査をするので充分と思っている人も多いです。


しかし、眼科検診って視力検査だけではないのです。

眼圧や眼底検査、視野や角膜の状態などなど・・・

調べることはたくさんあります。


特に若いうちは気にしないかもしれませんが、
40代を過ぎたら眼科検診をオススメします。

おかしいかな?と思ったら、すぐに病院にいかないと、
緑内障が進行していることもあるのです。


どうしても後回しになるし、酷使やものもらいでも市販の目薬でと
思うかもしれませんが、一生健康でいるためには目も大切です。

年齢と共に角膜疾患も考えられるようになってくるので、
「年だから仕方ない」と思わないようにしてください。

早めに病院に行くことで、早めの改善をすることができるのです。

自分の目を知ることが、視力回復にも繋がります。



あなたの目を、最後に労わってあげたのはいつですか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

タグ:眼科検診

視力回復 トレーニング コンタクトのケア [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング コンタクトのケア


コンタクト本当にケアが大事です。
充分に気を配っていますか?


コンタクトといのは、メガネよりも
視力低下しにくいともいわれています。

しかし、目を酷使する人の場合はドライアイになりやすいため、
目薬などのケアが必要になってきます。


また、コンタクトとメガネの大きな違いは毎日のコンタクトレンズケア。

洗浄や消毒をしなくてはいけないし、つけっぱなしで良いモノも
ありますが、やはり外してケアをしなくてはいけません。

実は、これがいちばん大切なことで、目に直接つけるもののため、
病気になったり、傷つけてしまったりのデメリットがあります。


角膜などを傷つけてしまったり、病気になった場合には、
しばらくの間コンタクトレンズをお休みしなくてはいけません。

面倒・・・と思う人は、やはりコンタクトよりメガネの方が良いです。


またコンタクトの場合、日々のケアをきちんとしながら、
目に違和感を感じたり、見えにくさに変化があった時には
きちんと眼科に相談してください。

目薬にしても、コンタクトケアにしても、
目とコンタクトのケアを怠ってしまうと、
目に直接つけるので危険性も高くなるので注意して下さい。



メガネ生活から卒業してみたいと思いませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

視力回復 トレーニング メガネの不具合 [視力回復 トレーニング]

視力回復 トレーニング メガネの不具合



視力の定期的検診をしていますか?
通常メガネを買ったときだけですが、
時々検眼するのも大事です。


視力に合わないメガネを装着していると…


視力に合わないメガネというのは、視力低下を引き起こします。

視力矯正のためのメガネなのに視力低下させるなんて・・・と
思うかもしれませんが、実は意外にそういう人もいます。


メガネを使っていて、目が疲れると感じる時に「目を酷使している」と
思って、そのままにしている人もいますが、それは間違いです。

度数と視力があっていないのに、メガネをし続けるというのは、
目にとってはかなりのストレスになります。

そのため、視力に合わないメガネを装着していると疲れるだけでなく、
視力低下を引き起こしてしまうのです。


メガネを作り直すのはお金がかかることかもしれませんが、
そのまま続けていても良いことはありません。

また、自分が最終的には決めることなので、
どれが良いとは言い切れません。


たとえば、凄く良く見えるんだけど、つけていると疲れてしまったり、
頭痛やフワフワしてしまう・・・なんて言う場合もあります。

その逆にある程度はきちんと見えるし、
ずっとつけていても疲れないと言う場合もあります。

日々の生活や仕事によって、選ぶメガネが変わってきますが、
日常つけているわけではないと言う人と、
毎日つけていると言う人でも違いはあります。


簡単な視力回復法を知りたくありませんか?




14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

前の10件 | -
Copyright © 視力回復 トレーニング All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。